2015年4月13日月曜日

CD を外国に送る方法(EMSの場合)

CD を EMS で外国に送る方法です。

※私自身、CD を外国に送る機会は滅多にないので、
国際郵便について、あまり詳しくは分かっていません。
EMS で CD を送った体験がもとになっており、
また、EMS 以外は利用したことがない状況です。
ご了承ください。

EMS は、郵便局が提供する国際郵便のサービスです。
 
要するに、「少し値段が高いけど、
サービスが充実している国際郵便」です。
 
上記リンクから「EMSご利用の流れ」に進むと
詳しい手順が載っています。
 
STEP3 に書いてありますが、包装材が無料です。
CD の送付なので、内側がエアクッション(プチプチ)に
なっているクッション付き封筒にしました。
 
住所の記入について、普段は「都道府県→市町村」の順番に
書いていきますが、外国の場合、"逆" になります。
 
通関について色々書かれていますが、私が送った時は、
日本国内の宅急便と同じく、氏名、住所、電話番号、
送付物の内容(CD1枚)を記入するだけでした。

この辺りは、送付先によって違ってくるようです。
※「発送に必要な書類」リンクに進む
 
まとめると、「氏名、住所、電話番号などを英語表記でメモを取り、
送りたい CD を郵便局に持参すれば、後はどうにかなる
」です。
 
ちなみに、もっと安く送る方法としては、
「定形外郵便」があると言われました。
 
料金は、240~260円でした。
(口頭で聞いたので値段はうろ覚えです。)
 
ただ、簡易な郵送サービスだと、途中で荷物が紛失しても
補償されないので、国際書留で保険を掛けておいた方が
無難とのことでした。
 
相手に届くまでの日数も、
定形外郵便は EMS 以上掛かります。
 
EMS か定形外郵便か。
値段と相手に届くまでの日数、保険の内容、手間などから
自分に合うものを選択すると良さそうです。
 
他に、航空便、SAL(さる)便、船便もあるみたいです。
 
これだけあると、直接郵便局に行って聞いた方が早そうですね…
機会があったら利用してみたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...