2015年2月23日月曜日

フリーランス音楽家の確定申告4 必要経費 その1

フリーランス音楽家の確定申告4です。

必要経費について考えてみます。
以降は賃貸住宅に住んでいる場合を想定しています。
 
また、勘定科目について答えは一つではなく
色々な設定方法があります。
 
あくまで一例ということでご参照ください。
 

開業費
まずは、開業費です。
 
サイト運営をするためのレンタルサーバー代や
ドメイン取得費用、名刺作成費用、電話料金や
インターネット料金、地代家賃、水道光熱費等が
挙げられます。
 
本来ならレンタルサーバー代の勘定科目は
広告宣伝費などになりますし、電話料金は
通信費となります。
 
ですが、開業準備中に発生した上記費用に
ついては、すべて開業費として計上します。
 
開業以降に発生した費用については、
本来の勘定科目で計上します。
 
以上から、消耗品など細々したものも、
開業準備中に買った場合は開業費にします。
 
 
地代家賃
通信費
水道光熱費
自宅に作業場がある「自宅兼事務所」の場合、地代家賃や
水道光熱費を家事割合と事業割合に按分(あんぶん)します。
 
要するに、仕事で使った分とプライベートで
使った分に費用を分ける作業です。
 
家賃は床面積のうち作業スペースが何割を
占めるかで計算します。
 
電気代も全体のコンセント数から仕事で使うコンセント数を
引くことで何割使っているかを計算します。
 
電話やインターネット料金は証明し辛いですが、
これは個々の裁量に委ねられます。
 
私は仕事・プライベート兼用の携帯電話を使っていますが、
プライベートで通話をすることがほとんど無いため、
事業割合90%、家事割合10% に設定しています。
 
青色申告ソフトでは、上記のような事業割合と家事割合の
設定をしておくだけで、後は自動計算してくれます。
 
ですので、出納帳への記帳は気にすることなく、
発生したそのままの金額を入力するだけです。

水道光熱費についてですが、費用にできるのは
電気代のみです。税務相談した時に言われました。
 
仕事中にガスでお湯を沸かしてコーヒーを飲むのは
費用にならないのかなと思い質問したのですが、
こういった類は認められる可能性が低いそうです。
 
それこそ自宅兼お店で飲食店をやっている
くらいじゃないとダメだとか。
 
頻繁に来客があり、お茶菓子を提供していることが
証明できれば費用にできたりするんでしょうか?
 
 
固定資産
減価償却
10万円以上の仕事道具などは、固定資産になります。
 
固定資産は、購入した金額をまるごと計上するのではなく、
毎年少しずつ経費として計上する減価償却を行うという
決まりがあります。
 
例えば、私の持っている KORG KRONOS X という
ワークステーションも固定資産になります。
 
分かりやすく当時30万円で購入したとします。
 
初年度に30万円を計上するのではなく、償却方法、
耐用年数、償却率などで計算し、出た数万円を
毎年経費として計上するというものです。
 
減価償却は調べれば色々出てきますが、要するに
固定資産の価値を毎年適正な価格にして、
その差額を経費にすることです。
 
KRONOS X も購入時は新品で 30万円分の価値がありますが、
私が使ったことで中古品になり、見えないところで部品は
劣化していきます。
 
1年後に 30万円の価値があるかといえば、残念ながらありません。
この辺りを減価償却で算出します。
 
ちなみに償却方法は定額法と定率法があり、調べていただくと
どちらかを選択したら税務署に届け出をする必要があるような記述が
見つかると思いますが、定額法の場合は申請する必要がありません。

定率法にしたい場合のみ手続きを行います。
 
何も申請していないデフォルトの状態だと定額法、
定率法にしたい場合は手続きを行う、です。

これも税務相談した時に教えてもらいました。
(上記は個人事業主の場合です。法人の場合は違ってきます。)
 
耐用年数や償却率は、楽器、自動車、PCなど資産の
種類によって変わってきます。
 
これらの数字は年によって制度が変わる可能性もあり、
ここで下手に情報を出すと混乱してしまうので、
具体的な数字は割愛させてください。
 
購入した中古品を固定資産にしたい場合は、
それまで使っていた年数を調べる必要があります。
それを引いた残りが耐用年数となります。
 
また、以前から趣味で使っていたものを固定資産にする場合は
使っていた期間で減価償却し、残額を固定資産の取得価格として
計上していきます。
 
この場合、耐用年数は中古品のように引く必要がなく、
もともとの定めれらた数字で計算することができます。
 
DAW やソフト音源などのソフトウェアは「無形固定資産」です。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...