2016年10月14日金曜日

これだけは知っておきたい「独立・起業」の基本と常識 レビュー

高橋敏則 著の これだけは知っておきたい「独立・起業」の
基本と常識
のレビューです。

この本は、タイトル通り独立・起業を考えている方向けの
本で、初版は2012年です。私も 3~4年前に買いました。
 
話はサラリーマン視点で進んでいきます。

在職中の準備、退職、保険や年金の手続きについての
説明もあり、独立・起業までの流れが把握できるので、
「開業のためのガイドブック」とも言えそうです。
 
その他には、個人事業主(フリーランス)と会社設立(法人)
の違い、フランチャイズの仕組み、屋号・商号の決め方、
印鑑の種類、名刺やホームページ作成など開業に向けて
具体的に何をすればよいかが書いてあります。

開業届等の届出が必要な書類についての説明もありますし、
音楽とは関係ないですが、喫茶店を開く場合は保健所の許可
が必要になるなどの解説も載っており、充実した内容です。
 
ネットで時間を掛けて調べれば、無料で同様の情報を
得ることもできますが、おそらく、この本を読む方が
費用対効果が高いのではないでしょうか。
 
ただ、最初に書いた通り初版が 2012年なので、税率などの
情報は古くなっている可能性があります。
 
また、経理については複式簿記等の概要についての説明が
ありますが、最終的には「会計ソフトがあると便利だよ!」
という感じで終わります。

ホームページ作成についても 2ページで軽く触れるだけです。

充実した内容とは言いましたが、扱う情報はあくまで広く浅く
なので、「色んなことを調べるための取っ掛かりになる本」が、
この本になるのかなと思います。
 
現在サラリーマンで、独立・起業を考えている方には
おすすめの一冊です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...