2015年10月29日木曜日

フリーランス音楽家 引越し3 税務署の手続き

フリーランス音楽家の引越し3です。
 
確定申告を行う個人事業主は引越しの際に
税務署での手続きも必要なようです。
 
まず、ここを見ました。
 
そして、よく分からないので
直接税務署に行ってきました。
 
結局、引越し前の税務署と引越し後の税務署に
を提出しただけで終わりました。
 
引越し前の税務署では二枚書き、
一枚は控えとしてもらいました。
 
引越し後の税務署では一枚書き、
コピーを控えとしてもらいました。
 
地域によってルールが若干違うようです。
 
私は自宅兼事務所で作業しているのですが、
その場合は上記の届出書だけで大丈夫なようでした。
 
この辺りは各々で形態が違いますし、
税務署で聞くのが確実だと思います。
 
書類の書き方について、職員さんに言われた通り
記入して手続きを済ませたのですが、帰ってから
「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出手続 書き方」
で調べると、他の方と微妙に書き方が違っていました。
 
私は以下のように記入しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
迷うのが「納税地」の欄ですが、引越し前、引越し後の
どちらの税務署でも、ここは「引越し後の住所」を記入
するように言われました。
 
ネットで調べると、引越し前の税務署なら引越し前の住所を、
引越し後の税務署なら引越し後の住所を、というような情報が
あったのですが、異動前・後の納税地を書く欄で分かりますし、
言ってしまえば、どっちでもいいのだと思います。
 
私は「職員さんに言われた通りに書いた」と
逃げを打ちました。
 
なお、税務署長欄と提出日欄も記入不要でした。
あとから職員さんが書いてくれるのだと思います。
 
控えに押印してもらえる判子には税務署名と日付が
あるので、控えとしての機能には問題ありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...